本文へスキップ

日本総合印刷株式会社はデザイン・印刷を専門とする会社です。

TEL. 078-939-3162

〒651-2228 兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-4

印刷

進化する印刷技術と環境への配慮

CTP(computer to plate)の導入により、従来使用してきた製版のフィルムレス化、それに伴う廃棄物の減少にもつながりました。また、現像液が不要の刷版により、廃棄薬液をなるべく出さない、より環境にやさしい印刷を目指しています。ある面ではCTP導入でフィルム購入代や処分代、廃棄薬液の処分代など、一層のコスト削減が可能となりました。


高品質な印刷物を再現するハード

CEO

多様化・高度化したお客様のニーズに対応するには、クリエイティブな企画・デザインはもちろんのこと、それを高品質な印刷物として再現するハードも必要です。当社の美術印刷を支えているのが、国産大手メーカー小森コーポレーション社製カラー4色機、両面同時印刷機、印刷時ミシン加工対応・ナンバー同時印刷機自動版替装置・自動紙積機です。この様に各機器が印刷をする上での生産性を上げ、言うまでもなくコントロールするオペレーターが、ゆとりを持てる環境を創っています。また、この安定した高生産性により、短納期・低コストを目標として各部門の改革を重ねてきた結果、過去3Kや5Kとも呼ばれた印刷工程を大きく変貌させることができました。その印刷オペレーターのゆとりが、機械化を超えたオペレーターの感性によって各作品の個性を引き出すのです。より良い物を生み出す環境づくりこそが、安定した品質につながるものと考えます。



印刷工程後の加工を社内で完結してこそ単納期が実現できる

CEO

企画、デザインから製版、印刷までの各工程を終えた印刷物は、製本工程を経て最終的な製品となります。小さなパンフレットから数百ページもの記念誌、大きなポスターまでそれぞれ正確に丁合・綴じ・断裁といった仕上げをされ初めてコミュニケーションメディアとしての生命を与えられるのです。どんなに美しく刷りあげられた印刷物でも、わずかな寸法の狂いや落丁で全く用をなさない紙クズ同然となってしまいます。製本工程では高度な技術とオペレーターの細心の注意で慎重に作業がすすめられています。
当社では高速自動折機、自動複写丁合機、中綴じライン、電子制御断裁機、製袋機、自動紙揃え機等が多種類の製本加工に対応するようになっています。また、技術の進歩と共に各機器の高精度化、紙専用運搬機・紙積降機等により重作業軽減、高品質、短納期を目標に技術革新に臨んでまいります。


バナースペース

お薬手帳・薬袋の販売薬袋の販売
カレンダーの販売

日本総合印刷株式会社

〒651-2228
兵庫県神戸市西区見津が丘1丁目2-4
TEL 078-939-3162
FAX 078-939-3163